ファストマーケティングについて

大切にしていること

SEOコンサルタント時代、とあるクライアントから「君がしていることは仕事ではなく作業だ」といわれました。今振り返るとお恥ずかしい話ですが、「ニキビケア」と「スキンケア」を同じカテゴリのキーワードとして提案してしまったときの話です。案件対応に追われるあまり、課題を解決するためのキーワード提案が、キーワード抽出ための作業になっていました。そのことに気が付いたのは、事業会社に移ってしばらく経ってからです。
こうした経験からコンテンツマーケティングを実施するにあたり、「商品理解」「顧客理解」「市場理解」つまり「3C」を深くつかむことが最も大切だと私は考えています。それは自社サービスだろうが、クライアントワークだろうが同じです。そうしてはじめて成果のでる、地に足の着いた提案ができると考えています。

記憶に残るコンテンツマーケティングを行います。
営業経験、デザイナー経験、SEOコンサルタント、BtoBマーケターという幅広いステージを渡り歩いてきたことは、強みとなって活きています。営業活動の目標や生産性から逆算した計画の立案、その計画を達成するためのチャネル、そしてチャネルでCVを生み出すために絶対的に必要な「記憶に残るコンテンツ」を生み出すことまでを、一気通貫に行えます。
また、Webディレクターとしていくつものプロジェクトをマルチタスクで進行した経験は、徹底したスケジュール管理のテクニックを教えてくれました。納期厳守、即レスで仕事に取り組みます。

1977年京都府生まれ
同志社大学経済学部卒業
営業、Webディレクター、SEOコンサルタントを経て、2013年にソフトウェア会社へ入社。ネットリサーチやBIツール、SFAなど主にBtoB領域のデジタルマーケティングに携わる。特に、リード獲得を目的とした自主調査においては7年間で累計400本以上を実施、獲得したリード(企業の名刺情報)は述べ50000件を超える。
2015年からオウンドメディアを立ち上げ、編集長としてWeb設計、SEO設計、記事執筆を一人で行い、ゼロからオーガニックのみで10万PVを超えるチャネルへ育成。
その他、セミナー、ホワイトペーパー、導入事例、マンガ、メルマガ、リスティング広告などBtoB領域のコンテンツマーケティング業務を網羅的にカバー。
2020年3月、フリーランスとして独立。