今後取り組みたいBtoB施策は?新型コロナ禍におけるBtoBマーケティングの現状調査

2020.05.11 BtoBマーケティング 調査リリース

新型コロナ禍におけるBtoB実態調査

調査結果サマリー

実施率が高い施策は「展示会・セミナー」で約3割が経験あり

取り組んでいるマーケ施策


事前調査でBtoBのマーケティング業務に携わっていると回答した人に、実施したことがあるマーケティング施策を聞いたところ、「展示会・セミナー(オンラインを含む)」が30.5%と最も割合が高くなりました。続いて、「SNS広告」と「ダイレクトメール(DM)」が24.4%で同着2位となり、「Web広告」、「新聞・雑誌・業界紙広告」の19.5%を上回りました。
※複数回答

展示会やセミナーは安定的に大量のリード獲得が期待できる施策です。また、近年のスマートフォンやSNSの浸透により、FacebookなどのSNS広告も広い層にリーチが期待できる施策です。

この調査結果を見ると、主に「リードの獲得件数」や「リーチ力」に重きを置いた施策が行われているといえるでしょう。

その他の調査結果

利用しているITツール、1位「Web分析」2位「アンケートツール」、3位「メール配信」
重視しているKPIは「Web訪問数」「顧客継続率」、「リード獲得件数」
平均的なリード獲得単価は10,000円~30,000円未満が最多
マーケティングにおける課題は「リードの獲得件数」と「予算の少なさ」
今後取り組みたい施策、1位は「Web広告」2位「コンテンツマーケティング」

BtoBマーケティング現状調査 概要

ファストマーケティングは、ネットリサーチを利用して実施した『新型コロナ禍におけるBtoBマーケティングの現状調査』の結果を発表します。本調査は、事前調査でBtoBのマーケティング業務を担当していると回答した20代~50代の男女 82名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全10ページの調査結果レポートを、ファストマーケティングの自主調査レポートページ(https://fastmarketing-pro.com/btob-research-200511/)から、無料でダウンロード提供します。

調査概要
調査対象:事前調査でBtoBのマーケティング業務を担当していると回答した20代~50代の男女 82名
調査期間:2020年4月20日~4月24日
調査手法:インターネット調査・ファストマーケティングにて実施


今回調査した設問項目
・マーケティング施策について、あなたが実施したことがあるものをすべてお選びください。
・あなたがマーケティング業務に利用していているITツールについて、あてはまるものをすべてお選びください。
・あなたがマーケティング業務において重視しているKPIについて、あてはまるものを3つまでお選びください。
・あなたが担当している商品・サービスにおける平均的なリード獲得単価について最もあてはまるものをお選びください。
・あなたのマーケティング業務における課題について最も重要なものをひとつお選びください。
・あなたが今後取り組みたいと思う施策について、あてはまるものをすべてお選びください。

調査レポート無料ダウンロード

BtoBマーケティングの現状調査